場末の段ボール箱

吹きさらしのぶれっぶれの

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新作について

投下時期:3月下旬~4月上旬

題名『Collector's Album』

収録作品

(N)1.Like "Guru"(Prelude)
(A)2.( ^ω^)コミュ障のようです
(N)3.スローイング
(R)4.ご機嫌かい、シェルター?
(A)5.( ^ω^)ささやかに休むようです
(R)6.きちがい語録
(N)7.素直キュートとハインリッヒ高岡による退屈な会話
(R)8.( ^ω^)ブーンは天国を探すようです2015(feat.Alcohol Horic)
(N)9.合理性
(R)10.社会童貞
(R)11.ピーマン・スイッチ
(N)12.作品未満

(N)……新作
(R)……リメイク、過去作品の構成などを見直し、投下するもの。
(A)……リマスター、過去作品に最低限の推敲を施し、再投下するもの。

※作品名・作品順は予告なく変更する場合があります。

クズの落とし文

此方にブーン系の名残をアップロードしました。

詳しくはHidden Trackを読んでいただければいいと思うのですが、一応ここにも用意します。
手元に残ってるブーン系に投下したもの、しなかったもの、したけど逃げたもの、全部入ってると思います。
それだけです。ファンアイテムですね。ファン(笑)

今回は特に後書きとかはないです。それでは。

新作について(詳細)

Hidden Track

収録作品

[Hidden Track]
 2015年1月作 105kb

┗1.狂言回しはウイスキーに愛猫の夢を見る

  2.辞書に無い女の顔が辞書に無いから美しい

  3.ネグレクトの被害者である彼の役割はキチガイ

  4.丹精込めて拵えた下地に極上の地の文を

  5.もしも封印された初期衝動がお前に致命傷を負わせられるなら

  6.神経質でラジカルな『しょうせつのかきかた』概論

  7.枯渇した部室を見る彷徨えぬ亡霊

  8.認識に疲弊した猜疑心のパレード

  9.風呂敷よ存分に風を吸って舞いたまえ

  10.メタフィクションへの導入と最期

  11.あとがき

投下スケジュール
1~3  01月30日夜
4~6  02月01日夜
7~9  02月03日夜
10~11 02月05日夜

※キロバイト表示は概算値です。
※何らかのアクシデントで投下が出来なかった場合、都度繰り下がります。
※リツイートされる方法を教えてください。リツ友募集中です。

では、スレでお会いしましょう。

縦書き版 Last Album

というわけで、こちらにアップロードしました。

そう言えばアップロードする的な宣言したなあと思い出したので用意してみました。
顔文字がなくなった点と、細かい修正などの変更があります。

本当はePub形式とかにして読みやすくしたかったんですけども、どこもかしこもクソ……もとい、うんこ環境だったので、
読みにくくはなりますがpdf形式での配布です。誰かが読んでくれるとうれしいと思っているよ。
なお、諸事情……もとい分かりやすい事情でオリジナル版から一作品削除されていますがご了承ください。

諸々のお詫び……といっちゃあなんですが、新作を一つ追加しています。
なのでラインナップは以下。

1.墓碑銘
2.涙を流す日
3.午前五時
4.雷鳴
5.ちぎれた手紙のハレーション
6.聖夜の恵みを
7.壁
8.ジジイ、突撃死
9.ノスタルジック・シュルレアリスム
10.葬送
11.最初の小説
12.どうせ、生きてる
13.お帰りなさい、僕が愛した頃の僕(新作)

新作は、まあオマケ的なやつなんでそんなに大した分量でもありません。
そういやあ本編で書き忘れてたなあと思っていたことをちょいちょい書いたもんです。
ま、ちょっと長ったらしい後書きぐらいの立ち位置で読んでいただければ。

あ、そしてこのLast Albumとフラジール、及びSkypeチャットがブーン系傑作選2014とかいうやつに推薦されてるそうです。
まだ本決まりでもないので喜んでる場合でもないんですが、ま、これだけやってきたら推薦ぐらいはされるやろうな、と。
どうせなら夢の墓場、も入って欲しかったんですけど駄目だったようです。面白いと思うんだけどね。

というわけで、他にも候補作は山とあるようなので是非とも投票に足を運んでください。

以下、2014年総括。 続きを読む

# Last Album 縦書き版を作りました。

PDFファイルになっております。頑張ればスマホやタブレットでも読めるんじゃないかな。

なお、諸事情により『明日の朝には断頭台』は収録されておりません。
諸事情、というよりあんなもんは縦書きにして読みやすくなるようなもんでもない。

その代わりといっちゃ何ですが、オマケとして新作『お帰りなさい、僕が愛した頃の僕』を収録しました。
質的にも量的にもあくまでオマケなんで軽い気持ちで読み流してくれたらいいと思うんす。

以下今年の反省。

続きを読む
前のページ 次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。